中小企業専門家育成講座(グレーゾーン解消制度について)を開催しました。

 第一東京弁護士会の中小企業部会が中小企業専門家育成講座を開催し,司会は私が務めました。

   講師には,経済産業省経済産業政策局参考構造課課長蓮井智哉氏にお越しいただきました。テーマは,『グレーゾーン解消制度制度について』です。

 偶然,グレーゾーン解消制度については,色々と誤解を広めるネット上の議論がございまして,ホットな研修となりました。

 以下は,ネット上の議論と経産省の見解に関する報道です。ご参考まで。

 「電動アシスト付ベビーカーは車道へ」 経産省の発表が「再検討を」と炎上
 
 電動アシスト付きベビーカーは「軽車両」の誤解広がる 経産省「販売中の商品ではなく、新規事業へ回答」

 講演の内容は,極めて実務的なもので,すぐにでも仕事に応用できるものでした。新規事業を始めるにあたり,法規制上問題があるか,ないか判然としない,いわゆるグレーゾーンについて,規制官庁に直接問い合わせるのではなく,産業の競争力を強化するという観点から,参加者と期間を限定して,まずやってみることを許容する枠組みを創設する制度として,経産省と規制官庁が共同してグレーゾーンを解消する制度は,我が国の経済的発展には欠かすことのできない制度として定着するものと考えられます。

 特に,ベンチャー企業や,フィンテックを利用して新たなビジネスモデルを作りたい経営者にとって,グレーゾーン解消制度に精通している弁護士は必須のパートナーになるでしょう。

 質疑応答では多くの参加者から質問が飛び交い,講演後の懇親会では,規制緩和,法科大学院制度等について意見交換がなされ,有意義な体験ができました。
 今後も色々な「面白い研修」を企画し,開催したいと思います。

このブログの人気の投稿

著作権法からみた小保方晴子氏のコピペ問題についての一考察

中小企業専門家育成講座(マーケティング 本当に稼げる考え方と動き方)を開催しました。

瀬木比呂志著『絶望の裁判所』を読んで